日本有機梅協会の活動

コラボレーション企画

【究極の梅干し「悠久の刻」をつくる】
当協会代表理事深見優が2017年6月、自ら厳選した究極の素材を使い、今までに無い梅干し作りに挑戦します。

梅は、和歌山県 世界遺産熊野古道の玄関口「紀州口熊野」で栽培した有機梅。
4年連続で有機JAS認証を受けた梅畑で収穫。
実の大きさ、肉厚さを職人深見優が厳選し、梅干しの原材料として使います。

塩は、兵庫県淡路島産の天然塩「自凝雫塩(おのころしずくしお)。
原材料は淡路島五色浜の海水のみ。鉄釜でじっくりと40時間ほど薪を用いて煮上げてつくる塩。
素材を活かす塩の味。辛さだけでない、甘味、苦味を感じられる究極の天然塩を使います。

このコラボレーションから生まれる梅干しを、「悠久の刻」(ゆうきゅうのとき)と名付けます。
大地の力で自然の旨みを蓄えた有機梅と、母なる海から得られた海水塩が、
世界遺産熊野古道の玄関口「紀州口熊野」で交わるとき「悠久の刻(とき)」を刻み始めます

2017年6月、当協会代表理事 深見優が生み出す 紀州口熊野有機梅干し「悠久の刻」。応援して下さい。

【今後】
様々な団体、企業とコラボレーション企画を実施していきます。お楽しみにして下さい。

プロジェクト

オーガニック梅干し「あまくち味」

2015年5月に当協会代表理事深見優が、オーガニック梅干し「あまくち味」を開発するための資金を調達するために、
梅干業界としてまた和歌山県でも初めてクラウドファンディング「kibidango」にチャレンジしました。
結果、70名のサポーターの支援を得て「kibidango」でオーガニック梅干し「あまくち味」開発プロジェクトが目標達成。
梅干業界としては初の快挙となる。
その後商品開発に取り組み、オーガニック梅干し「あまくち味」が完成した。

イベント実績

イベント実績

【梅収穫&梅ジュース・梅干し作り体験】
一般社団法人日本有機梅協会は、2016年6月に梅収穫&梅ジュース・梅干し作り体験イベントを開催しました。
地域の子ども、保護者をお招きして、有機栽培の梅畑で有機梅を収穫し、梅シロップ・梅干し作りを体験して頂きました。
子ども25名、大人15名、合計40名のイベントになりました。
イベントの最後では、参加者全員で有機梅の梅干しとおにぎりを食べました。
当協会では、このようなイベントを通じて、積極的に地域貢献活動を推進しています。

メディア出演

  • メディア出演
  • メディア出演

テレビ 関西テレビ放送 よ~いドン 
テレビ TBS 旅ずきんちゃん
雑誌 月刊LOGOS
雑誌 人の男の南紀ライフマガジン『identity』
新聞 紀伊民報
イベント 『渋谷LOFT ごはんフェス』
(LOFTごはんフェス審査員賞受賞)
イベント 『日本 梅!百貨店』 トークショー出演
その他メディア、イベント多数出演