一般社団法人日本有機梅協会 代表理事就任について

平成28年6月6日(梅の日)に一般社団法人日本有機梅協会を設立し、代表理事に深見優(有限会社深見梅店 代表取締役、有機梅干し専門店 やさしい梅屋さん 主宰)が、就任いたしました。

_dsc2062 

代表理事就任にあたり、深見も気合いが入っています。代表理事 深見優のコメントです。一般社団法人日本有機梅協会 代表理事に就任しました深見優です。

普段は、和歌山県西牟婁郡上富田町(世界遺産熊野古道の玄関口という意味で「口熊野」と言われます)という人口1万人程度の小さな町で梅に関する生産、加工、販売(6次産業化)までを行う有限会社深見梅店を営んでいます。初代の曾祖父から言うと私で四代目になります。

私は有機栽培で育てた梅での梅干し作りにチャレンジしています。

設立趣意書にもありますが、私たちは農薬も化学肥料も使わない有機栽培の梅を一人でも多くの人に知ってもらう事、
有機栽培の梅に関する様々な活動・事業を通じて消費拡大がなされるようにその一翼を担うことを目的としています。

農薬も化学肥料も使わない有機栽培の梅がある事を多くの人に知って もらいたい。そして、想いを共にし、その梅を栽培する仲間を一人でも増やしたい。その活動の波が大きなうねりを起こした時に私たちの夢が実現します。

私、深見優の夢は、『故郷である、和歌山県西牟婁郡上富田町、世界遺産熊野古道の玄関口であるこの口熊野の地をオーガニックの梅の郷にする』です。

この一般社団法人日本有機梅協会の活動を通じて、多くの人たちや地域の方々とふれ合うことに事により、その夢を叶えられると信じています。

未来の子ども達のために 食べる人にも、栽培する人にも、環境にも やさしい梅を残したい
そして、有機梅で日本をもっと元気にしたい。

大きな夢ですが、小さな一歩を少しづつ前に進めることで夢は叶うと信じています!

皆さまのご協力よろしくお願いします。

平成28年6月6日(梅の日)

一般社団法人日本有機梅協会

代表理事 深見 優