世界遺産熊野本宮大社例大祭「湯登神事」(和歌山県無形民俗文化財)に代表理事 深見 優が参加

私たち一般社団法人日本有機梅協会の所在地は、和歌山県西牟婁郡上富田町(かみとんだちょう)という、人口15,000人程の町にあります。
この場所は、熊野詣(本宮、新宮、那智の熊野三山を参拝すること)をする際、山側ルートと海側ルートの分岐点に位置することから「口熊野(くちくまの)」を呼ばれて来ました。

本日4月13日から15日まで、世界遺産熊野本宮大社では最も大きなお祭り、春の例大祭が始まります。
私たち一般社団法人日本有機梅協会 代表理事 深見 優は、この歴史古い世界遺産熊野本宮大社例大祭「湯登神事」に参加します。
特に本日斎行される「湯登神事」は和歌山県の無形民俗文化財にも指定されている格式高い神事になります。

以下、熊野本宮観光協会ホームページより引用
13日午前9時、宮司以下の神職者・氏子・修験者・伶人(神楽人)・氏子総代、稚児(2、3歳の男の子)ら、総勢40~50人が列を成して熊野本宮大社を出発し、太鼓に合わせて神歌を歌いながら、潔斎の為に湯の峰温泉を目指します。
当家と呼ばれる斎屋(ゆや)に到着すると、湯垢離によって身を清め、湯粥を食べます。また、熊野の神は稚児の頭に宿るとされていますので、神事の間以外は稚児を地面に降ろしてはならず、移動の際はウマ役の父親が肩車をします。

つまり、代表理事深見は、自らの息子(稚児)を肩に乗せ山道をひたすら歩くことになります。
この様子は、このfacebookページでもアップする予定ですのでお楽しみにお待ち下さい。